2020年3月14日(土)・15日(日)開催

浜松がんこ祭

第16回がんこ祭フォトコンテスト 入賞作品発表!!

大変長らくお待たせいたしました!!

2016年『第16回がんこ祭フォトコンテスト・動画コンテスト』

受賞作品が決定いたしました!

 

今年のテーマは「観客と踊り子」!

 

浜松の街のにぎわい、

「熱い数多くの踊り子、演舞を見守る観客と賑わう浜松の街、がんこ祭のシーン」がテーマです。

厳正なる審査の結果、特に優れた作品を選ばさせていただきました。

どうぞご覧ください!

 

まずはフォトコンテスト。

=====入賞作品はこちらです=====

 

入賞作品 小野田 遥 様(静岡県)「一緒に踊ろう」

 

 

入賞作品 鈴木 聖二 様(静岡県)「手をつないで」

 

 

入賞作品 田中 勝 様(京都府)「触れ合いのひと時」

 

 

入賞作品 菊池 萌 様(京都府)「よさこいデビュー」

 

 

入賞作品 木村 博 様(愛知県)「繋ぐ」

 

 

入賞作品 浅野 悟 様(愛知県)「Hand in Hand.」

 

 

入賞作品 鈴木 聖二 様(静岡県) 「ハイタッチ」

 

 

 

=====金賞作品はこちら!!=====

 

金賞作品 小川 美咲 様(長野県)「迫りくる踊り子」

 

 

金賞作品 袴田 保 様(静岡県)「みんなで和」

 

 

金賞作品 小木 則之 様(静岡県)「ふれあいハイタッチ」

 

 

金賞作品 大谷 俊文 様(三重県)「憧れ」

 

 

金賞作品 本庄 真裕美 様(愛知県)「ありがとう~喝采の街~」

 

 

 

=====準大賞作品はこちらです!!=====

 

準大賞作品 山崎 誠 様(大阪府)「共に手を取り」

 

 

準大賞作品 山本 和稔 様(愛知県 )「喝采の光」

 

 

 

===栄えある大賞作品はこちらです!!===

 

大賞作品 木村 博 様(愛知県)「感動を与えて」

 

 
続いて動画コンテストの発表です。

 

===動画大賞&浜松城公園会場賞===

石黒 裕二 様(愛知県)「浜松城公園会場の演舞抜粋」

 

===ヤマハ前 ファイナルステージ賞===
武田 憲和 様(愛知県)「夜宵(十六夜)大賞受賞演舞」

 

===東街区ロータリー会場賞===
武田 憲和 様(愛知県)「東街区ロータリー会場にて夜宵(十六夜)審査演舞」

 

===有楽街会場賞===
太田 幸 様(三重県)「総踊り「GANKO!!」」

 

その他会場…応募無し

 

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

今年もたくさんの素晴らしい作品をありがとうございました。

 

どの作品も、

「浜松の街のにぎわい、

熱い数多くの踊り子、

演舞を見守る観客と賑わう浜松の街」

がんこ祭のシーンが伝わる力作揃いでした。

 

充実したイベントにできるのも、

ひとえに参加してくださる全ての皆さまのおかげです。

たくさんのご応募、本当に本当にありがとうございました。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

がんこ祭を撮影して下さるカメラマンの皆様へ同意のお願い。

 

いつもがんこ祭を応援してくださりありがとうございます。
がんこ祭演舞を撮影するにあたり、ご一読の上、同意をして頂きたい点があります。

チームさん、踊り子さんへの許可についてですが
がんこ祭りに参加している踊り子さんやチームさんの肖像権は
がんこ祭り期間中については、参加申し込み事項の承諾の条件の中で

当、実行委員会に属するとなっております。

撮影・使用目的が、がんこ祭りPRにつながり、公共風俗に触れない範囲であれば
当実行委員会の権利の範囲内で可能です。
下記「観戦マナーのお願い」にご同意頂けないカメラマンさんは、がんこ祭での撮影を禁止させて頂きます。

 

同意事項 ■拍手・観戦マナーのお願い。

参加者(踊り子)さんより、「カメラマンさんは、最前列に並び写真を撮るばかりで、拍手もする人は少なく、
非常に踊り難い、カメラマンさんの規制を考えて欲しい」との要望が上がっています。

 

また、前列で高い位置でカメラを構え、マナーの悪いカメラマンさんがいると
一般観客からのクレームも受け付けております。


上記掲載の写真のような撮影の仕方はマナー違反です。

 

 

一部のカメラマンさんだと思われますが、がんこ祭は、「参加者の熱意に、観客が拍手で応える」お祭です。
この状態が続くと、会場での撮影禁止など規制をせねばいけなくなる可能性があります。

会場で撮影する際には、撮影のみでなく、演舞後には、必ず大きな拍手で踊り子を盛り上げ、
熱意に応え称えるという最低限のマナーを厳守して下さるようお願いいたします。